INTERVIEW社員紹介

林 雄太

01学生時代に取り組んだことはなんですか?

サークル活動に力を入れていました。私の所属していたサークルは、ラジコン飛行機を作って大会に出る活動をしていました。大会で良い成績を残すために、半年前から機構を考えたり、試作機を作ったりしていました。その結果、最後の大会では2位になることができました。

02天竜精機に入社した決め手はなんですか?

天竜精機に決めた理由は、作った機械を通して世界を支えている会社だからです。天竜精機はB to B企業なので、自分たちが作った機械を一般の人が目にしたり直接使ったりすることはありません。しかし、その機械で作られた製品はたくさんの人が使う物の中に組み込まれていて、日々多くの人々の生活を支えています。「目に見えないけれど、実は自分たちが作った機械が世界を支えている」という仕事にとても魅力を感じました。

03現在の仕事内容はどんなことですか?

私は、現在設計部メカ設計グループに所属していて、機械を構成するユニットの設計をしています。メカ設計では、機械の動きや機能を満たすために、どのような構造にするか考え、その構造を実現するための部品を設計していきます。同じ動きをさせるにしても、考える人によって構造や形は様々なものになり答えはないので、構造やコスト、見た目など様々な要素を自分で考えて形にできるという点でとてもやりがいのある仕事です。

04業務を通じて成長を感じることはありますか?

今までやったことのない新しいユニットの設計ができた時に、成長を感じます。まだまだ簡単なユニットの設計しかしたことはありませんが、今までで経験のない新しいユニットの設計を任されて、それができた時には成長と同時に仕事の楽しさややりがいを感じます。今後も仕事の中で成長していき、難しい設計をできるようになりたいと思います。

05今後天竜精機で実現したいこと、
挑戦したいことはありますか?

私は航空宇宙学科という学科を出ているため、航空宇宙に関係する機械を実現できたらいいなと思っています。世界的にドローンの普及や宇宙開発が盛んに進んでいるので、そういった分野での仕事をすることも可能であると思っています。
そのためにも、まずは自分の力をつけていかないといけないと思っています。

06あなたの思う天竜精機の自慢はなんですか?

誰もが聞いたことのあるような大手企業など、良いお客様が多いことだと思います。企業にとって良いお客様がいるということは大きな宝になるので、そういったお客様が多いということは誇れるだと思います。

スケジュール

林 雄太

01学生時代に取り組んだことはなんですか?

学生時代は部活動に力を入れていました、ロボット工学研究部という部に所属し、主にロボット相撲競技用の相撲ロボットを製作していました。マイコンで制御する自律型ロボットでしたので、製作する過程で機械設計、電子回路設計、プログラム作成、部品加工、組立など、多くのことを学びました。また、自動車も好きでしたので、俗に言う車いじりもアルバイト代で楽しんでいました。

02天竜精機に入社した決め手はなんですか?

会社見学をした際に見た機械に興味を持ったことが一番の理由です。正直なところ、学生時代に省力化機械、自動機というものを知らなかったため、初めて見た自動機の複雑な動きにショックを受けたことは今でも覚えています。

03現在の仕事内容はどんなことですか?

主にコネクター組立機の機械設計を行っています。最近はコネクター以外の製品を対象にした組立機の設計なども行っています。
数人のメンバーで1台の機械を設計していますが、その中で私は、機械の構成を決めたり、メンバーの進捗管理を行ったり、メンバーがそれぞれ設計したものを取り纏めたりと、1台の機械の機械設計責任者(メカ設計チーフと呼ばれる役割です)を主に担当しています。
また、部署内における工程不具合の削減などにも取り組んでいます。

04業務を通じて成長を感じることはありますか?

設計している多くの機械がお客様の要望に応えるためのオーダーメイドの機械ですので、どうしても新規に設計しなければならない部位があります。そういった新な部位の機構や構成を考えて実現できた時に自身の成長を感じます。逆に様々な機械に共通で使用できる機構などもありますが、それらを上手に使用し、設計時間を短縮できた時も同じように自身の成長を感じます。

05今後天竜精機で実現したいこと、
挑戦したいことはありますか?

前述のとおり、最近は1台の機械全体の構成を考える仕事を行っていますが、実際に製作された機械を見ると、「ああすればよかったな」「こうしたほうが良かったかも?」と思うことも多々あり、お客様からも「もっとここをこうしてほしい」といった要望などをいただくことがあります。ですので、胸を張って「いい機械ができた!」と自分で言えて、お客様からも「大満足です!」と言ってもらえるような機械の設計を実現したいです。

06あなたの思う天竜精機の自慢はなんですか?

コネクター組立機に限らず表面実装関係、電池関係、自動車部品関係など、様々な分野で活躍する機械を製造販売していることだと思います。小さい会社ですが、有名企業のお客様と直接取引させていただいているところも地味ですがすごいところではないでしょうか。

スケジュール