INTERVIEW社員紹介

林 雄太

01学生時代に取り組んだことはなんですか?

球乗りのパーソナルモビリティの開発に携わっていました。1つの球の上に球を転がす機構がついたフレームを載せて簡単な操作で操縦することができる乗り物です。大学1年生の終わりに研究室のアルバイトに募集してから3年間で3台の開発に関わりましたが、毎回苦しいながらもなんとか課題を解決していくのが楽しかったことです。

02天竜精機に入社した決め手はなんですか?

設計から製造までを社内で行っていることから興味を持ち、単独の説明会に参加しました。そこで先輩社員の皆さんが仕事やプライベートに関して生き生きと語っている姿が印象的でこの会社で働きたいという気持ちが強くなって入社を決めました。

03現在の仕事内容はどんなことですか?

回路図の作成や制御盤のレイアウトといった仕事を主にしています。目に見える部分以外にも色々なことに配慮しなければいけないので悩むこともありますが、先輩方にアドバイスを頂きながら1つ1つ解決して前に進めています。他には新しい知識を仕入れる為に展示会を見に行ったり、勉強の為に講習会に参加したりしながら自分のスキルアップをしています。

04業務を通じて成長を感じることはありますか?

正式配属後に半年間現場で機械の配線を経験して現場目線での図面の見方を学び、電気設計に戻った後は実際の機械の図面を描いています。今まで経験してこなかったことにどんどん挑戦できる環境で日々成長を感じています。

05今後天竜精機で実現したいこと、
挑戦したいことはありますか?

私は航空宇宙学科という学科を出ているため、航空宇宙に関係する機械を実現できたらいいなと思っています。世界的にドローンの普及や宇宙開発が盛んに進んでいるので、そういった分野での仕事をすることも可能であると思っています。
そのためにも、まずは自分の力をつけていかないといけないと思っています。

06あなたの思う天竜精機の自慢はなんですか?

現在、機械の制御にはPLCを主に使っていますが、電気部品のコストを抑えたいときになかなかコストダウン出来ない現状があります。また、世の中のIoT化が進み、より高性能な機能を要求されることもあります。そこで、小規模なユニットなどの標準的な機械を比較的安価なマイコンや小型PCを使って制御できるような技術の確立に挑戦できればと思っています。

スケジュール

林 雄太

01学生時代に取り組んだことはなんですか?

学生時代は、父親の仕事の手伝いで電気工事や消防設備の設置・点検を暇があれば手伝っていました。長期の休みなどは東京や名古屋に手伝いに行き周りの大人たちの話を聞いていました。学生時代に社会の中に入って経験できたことはよかったと思います。

02天竜精機に入社した決め手はなんですか?

天竜精機に入社した理由はいくつかあります。まず、会社内の雰囲気がいい事です。部署と部署の垣根がなく意見を言い合える環境だと感じました。
その中でも一番の決め手は、一貫生産を行っていることです。常に新しい事にチャレンジし毎日が新しい発見がありやりがいを感じられると思い入社を決意しました。

03現在の仕事内容はどんなことですか?

電気の設計では、機械を構成している部品をどのように動かすのか考え機器と機器を接続する図面を設計します。この仕事をハード設計といいます。そのほかにソフト設計と調整といった仕事がおります。ソフト設計では接続した機器を制御するプログラムを設計します。この時にどこまで考え設計できるかで機械の完成度が変わってきます。最後に調整ですが、機械にプログラムをインストールして実際に動作させて確認します。ここで机上では気づけなかった問題などを直す作業が調整です。

04業務を通じて成長を感じることはありますか?

仕事を行う上で時間はとても重要です。どの仕事にも予算がありその予算内で仕事をすることによって利益が出ます。この予算に対し予算内で仕事が出来たとき。問題が発生したときに自分の知識だけで解決できたとき。この二つが成長を感じることです。

05今後天竜精機で実現したいこと、
挑戦したいことはありますか?

メカ設計に挑戦してみたいです。自分は入社して配属になったのが組立でした。
その後、電気設計に配属になり今に至ります。モノづくりの加工以外の工程を経験してトータルで物を考えて機械をつくってみたいと思います。

06あなたの思う天竜精機の自慢はなんですか?

会社内の雰囲気がいい事です。部署と部署の垣根がなく意見を言い合える環境。常に新しい事にチャレンジし毎日が新しい発見がありやりがいがある。

スケジュール